テーマ:

1日は30時間になる(小代義行)

なかなかおもしろいアイデアがありました。30時間というのはやや言いすぎな感じを受けましたが、中から参考になりそうなアイデアをピックアップするのがこの本の読み方のような気がします。 作業は1つ1つやり切るという言葉。集中力を高める方法。要約する技術。そして、時短に役立ちそうなツールの紹介はなかなか参考になりました。 <作業…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

人間関係について、アナウンサー的な発想から 「話のおもしろい人、つまらない人」より

私は、人間関係が苦手。 なので、たくさんの本を読んで、勉強中。 「話のおもしろい人、つまらない人」(高嶋秀武著)を読みました。 けっこういいヒントが散りばめてあり、参考になりました。特に、声のことや情報収集について、習慣的なこともふくめて参考になりました。 ヒント集という感じが強いので、まとまりがなかったり、全体…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ねこ背が治って、心も体も強くなる(小池義孝さん)

この本は、肩こり、腰痛、姿勢関係でもっとも感心した本です。 何と言っても、 「知った瞬間、全身が改善されていく秘密」にあふれている本です。 その秘密とは、中を見ていただくのがいいと思いますが、 ① 私たちの肺は思っている以上に大きいこと。 肺が小さいと思っていること、背中を丸めて生活していることやストレスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ザ・マネーゲーム」から脱出する法(ロバート・シェインフェルド)

・映画も「人間ゲーム」も「マネーゲーム」も、その根底で問題になるのは思考でも論理でも知性でもなく、「感情」である。 ・私達が経験することは、ごくごく細かいところ(お金や「マネーゲーム」のすべての側面)まで含めて、何もかも意識が創り上げたものである ・あなたと「本来のあなた」こそ、意識である。ごくごく細かいところ(お金や「マネーゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斎藤一人さんに学ぶ!私もこれで「ツイている人」に!

かなり昔からよ~く聞いていた「斎藤一人」。「変な人が書いた 驚くほどツイてる話」と「人生が全部うまくいく話」の2冊まとめて読んでみました。 で、読んで、とても良かったです。 一番言いたいことはとてもシンプル。 「ツイている」は魔法の言葉。どんどん口にすること。 これには例があります。 道を歩いているときに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「上達の法則」(岡本浩一)

記憶力関係の本を何冊も読んだけど、そのときに最も印象に残ったのがこの本でした。 この中でも第4章の「上達の方法論」を読むのがオススメです。他の章は、上達者がどおが違うかとか、上達のメカニズムです。私もそうだけど、どうしたら、上達できるのか、それも、軽い驚きや発見を求めています。僕らはいつもそうだと思います。ゴールへのショートカット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「神よりしあわせ」(ニール・ドナルド・ウォルシュ)

神よりしあわせサンマーク出版 ニール・ドナルド・ウォルシュ Amazonアソシエイト by 私にとって、これは、特別な本です。いろいろな意味で。はじめてこの本をお呼んだ時に衝撃を受けて、この本の要約をを2枚の紙切れに書き、それまで続けていた自作のアファーメーションの代わりに、この要約に、朝に目を通す習慣を始めました。それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目標はSMARTで。ほんとは、なんなの?

神田昌典さんの「非常識な成功法則」でも、勝間和代さんの本でも紹介されていた目標設定の際のフレームワークであるSMART。2人のSMARTって、違っていたのに気付きました。 <神田さん> specific, measurable, agreed upon, realistic, timely <勝間さん> Specif…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・シークレット 誰にでも起こる人生の奇跡!世界的億万長者が語る成功の秘密

TSUTAYAで貸し出しているDVDを借りて、聞きました。講演者のジョン・ディマティーニ博士は「ザ・シークレット」にも登場してくるようです。 http://www.discas.net/netdvd/dvd/goodsDetail.do?pT=0&titleID=1042151307 多くの時間を割いて、価値観についてじっく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非常識な成功法則(神田昌典)

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣フォレスト出版 神田 昌典 Amazonアソシエイト by 非常識な成功法則。まさしくそういうタイトルに相応しい内容で、多くの点で、目を開くことができました。単純明快で、実際の行動に起こすことができるようなことばかりです。それも、これまで、常識だと思っていたことを覆すよ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「起きていることはすべて正しい」(勝間和代)

スピリチュアル本・コーナーにでも見るようなタイトルです。自己啓発とビジネス本とスピリチュアル本の垣根はどんどん薄くなっていますよね。間違いなく勝間さんはスピリチュアル本を読んでいるとは思いますし、考え方も吸収していると思いますが(そういう感じもうけていますが)、でもしっかりと一線置くようにしています。「起きていることはすべて正しい」と言…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

考えすぎて動けない人のための「すぐやる!」技術(久米信行)

表紙では、「すぐやる!技術」というところが大きくなっていて、技術が特に赤く目立つようになっていますが、技術面というよりも(本人もまえがきで触れていますが「心構え」「考え方」についての部分が多く、しかも「すぐやる」ということの「すぐ」ということよりも「やれない」こと自体について書いてある部分が多いです。「すぐやる」ことができない人向けに書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Amazon.co.jp年間ランキング発表

Amazon.co.jpの年間ランキングが発表されました。 http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html/ref=gw_cto_best_2?ie=UTF8&docId=3077056456&pf_rd_p=97987329&pf_rd_s=left-nav-2&pf_rd_t=101&pf_rd…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第11番目の鍵(ロバート・シャインフェルド)

第11番目の鍵―富と成功への扉をあけるPHP研究所 ロバート シャインフェルド Amazonアソシエイト by もう売っていないようですが、この本はとても勉強になりました。それは、インナーCEOに要望書を書くという方法のことです。インナーCEOとは、自分の中の神様と潜在意識を合わせたようなもののようなきがします。そのイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブッダの集中力」(アルボムッレ・スマナサーラ)

集中力について、仏教の観点から説明していました。 感情による集中力はよくない。 集中力の秘密とは、 ① 能率・効率を気にしない。能率に関することは口にしない。 ② 集中力は楽しい! でも、この楽しいというのは、世間一般の楽しいではない(世間一般の楽しいは対象・行為に依存している)。自分のためになることは楽しく感じない傾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたの魅力を引き出す本(中山庸子)

こういう女性向けの本は結構好き。たまに呼んでいます。どこが好きかというと、人間とか人間関係の機微に敏感で、男性だとなかなかわからないことを文章で書いたりしているからです。女性ならではの優しい文体も読むのが好きです。 ということで、気に入ったところを抜粋です。 ・ 今日という日のオリジナルタイトルを考えて過ごしてみましょう …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢をかなえるゾウ(水野敬也)

ここにまとめをピックアップしてみました。これを実践するように意識するだけでもいい方向に成長できるような気がします。 ・ 靴をみがく → 自分を支えているものを大切にする ・ コンビニでお釣りを募金する → 世の中を大切にするから、お金が自分に流れてくる ・ 食事を腹八分におさえる → 自分で自分をコントロールできるようになる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木村秋則氏

マイミクのHさんが昔日記で紹介されてからずーっと気になっていました。やっと今回読むことができました。スッキリ。 読んだのは「奇跡のリンゴ」(石川拓治)と「すべては宇宙の采配」(木村秋則)でした。 ・すべての人や物に愛のある言葉をかけるというのは、とても大切なこと(中略)わたしは作物の気持ちを理解しようとしました。赤ちゃんの鳴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心から心へ (ジャン・ギトン)

「現在最高の神学者(93歳)が、平明な所管形式で綴る世紀末人生論」との言葉に惹かれて、買ってしまいました。 フランス的な文章だと感じました。あまり平明ではないような感じです。私は、多くの部分を読み飛ばしてしまいました。それでも、その中にピリっとくる素敵な言葉がありました。こういう言葉と出会えたことで、この本を読んでよかったなと感じ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「7つの習慣」(スティーブン・コヴィー)を読んでから、始めたこと

「7つの習慣」は驚くべき本でした。こんな衝撃を受けたのは、自己啓発本では、デール・カーネギーの「道は開ける」以来でした。 7つの習慣、1つ1つ勉強していかないといけないと思いますが、まずは手始めに取り組んだことは、「第2の習慣/目的をもって始める」と「第3の習慣/重要事項を優先する」の2つです。というのは、この2つだけは、取り組む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more