やりたくないことリスト作成+インナーCEOへのお手紙

非常識な成功法則(神田昌典) で書いてあった「やりたくないことリスト」を作成しました。ゆっくりと、1日かけて、、。でも絶対に、誰にも見せるわけにいかないので(かなりブラックな自分になって、正直に書いているわけなので)、Google ドキュメントで作成して、Google内のサーバーに保管です。

これをやったのには、大きな意義があったと思います。本を読んで、いいと思っても、なかなか実際の行動に移していかないことがあったので、、。

で、作成した内容は、、、、すごいものです。軽いものでは、「満員電車に乗りたくない」から「あわない人と話したくない」「家事をしたくない」、、、後は、言えない内容も含めて。

でも、すっきりしました。本当の自分の考えがわかって、、、そして、そういうしたくないこととそれでもしないことの折り合いが付けられるようになるようなきがしました。これまでは、本当はやりたくないけど、やりたいと思い込んで(あるいはやりたいと無理やり思い込むようにして)なんとなく、乗らなかったり、いい加減にしたり、、していました。でも、やりたくないと分かっていたら、そして折り合いがつけられたなら、自分の目指すべきところに向かうために、やろうという気持ちになれてくるというのが、なんとなく分かってきました。

次は、やりたいことリスト作成とミッションの作成です。正月にでも。


続けて、インナーCEOの手紙「第11番目の鍵」を見て、作成です。

--------------------------------------------------------------------------------
インナーCEOと本で呼ばれている何かへ

私は、「第11番目の鍵」という本を読みまして、ここに書いてあるメソッドを自身に応用したいと考えています。ただ、始めるにあたって、数点お願いがあります。

① あなたをどのように呼んだほうがいいか、いいアイデアがありません。そこで、私とあなたが満足できる効果的な名前を見出せるようお願いします。

② 第11番目の鍵の内容を十分理解し、実行し、効果が十分発揮できるようにお願いします。

③ 私が行動にうつすべきとき、あるいはどちらかを選択しなければいけなとき、などは、「頭にがつんと来て、絶対にE見落とさない合図」をお願いします。

④ 突然、あなたの力が必要なときには、右の人差し指で左手の手のひらを3回たたき、「今すぐ話したい」と申し上げるのを合図にいたします。

以上のことについて、あなたが手を貸してくれるか、必要な人材、アイデア、資源、技術、戦略を私にもたらしてくれるか、あるいは、その両方をしてくれることを希望します。

ただし、以上のお願いは私の意識と限られた視野の中で考えた望みです。もっと良い結果が得られるのであれば、それをもたらしてください。

なお、今後はGoogleDOCのインナーCEOというフォルダで連絡をとるようにいたしますので、どうかよろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------


私の新たな時代が始まる、と感じた今日一日でした

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック