再・写真SNSを比べる(2013年)

2010年に写真SNSを比べてみたのですが、ネットの進化は早く、気になるサービスもちらほら出てきたので、もう一度、比較することにしました。

こちらが、2010年の比較になります。

http://masashika.at.webry.info/201011/article_9.html

で、今回ピックアップしたのは、

① 写真部
https://www.kabegami.com/shashin-bu/
② フォト蔵
http://photozou.jp/
③ Flickr
http://www.flickr.com/
④ 500px
http://500px.com/
⑤ PHOTOHITO
http://photohito.com/
⑥ Latte
http://latte.la/user/mypage
⑦ Google+
https://plus.google.com/
⑧ Zorg
http://www.zorg.com/

今回の比較については、3つのポイントで考えます

・ 容量が大きい!写真のストレージとして活用できる!
・ 写真を見たり、見てもらったりできる!
・ SNSにアップしたり、スマホで見たりできる!

この目的も2010年よりも進化したりしています。

<容量>
① 写真部 5MB/枚 無制限 
② フォト蔵 10MB/枚 1G/月 
③ Flickr 10MB/枚 100MB/月。ビデオ2個/月(90秒・150MB) 
 有料版(25ドル/年) 50MB/枚 無制限。ビデオ 無制限 1個あたり90秒・500MB
④ 500px 30MB/枚 10枚/週 
 有料版(20ドル/年) 無制限
⑤ PHOTOHITO 8MB/枚 5000枚まで 
⑥ Latte 15MB/枚 無制限 
⑦ Google+ 
  無料の保存容量の制限:2048×2048 ピクセル以内の写真や 15 分以内の動画は、無料の保存容量にカウントされません。
  自動サイズ変更:Google+ にアップロードした写真は、すべて自動的に(長い辺が)2048 ピクセルにサイズ変更され、無料の保存容量の割り当てにカウントされません。
   Picasa ソフトウェアから Picasa ウェブ アルバムにアップロードした写真のうち、無料のサイズ制限より大きいものはすべて 1 GB の無料保存容量にカウントされます。保存容量の上限に達した場合は、無料のサイズ制限より大きい写真を新しくアップロードすると、自動的に(長い辺が)2,048 ピクセルにサイズ変更されます。
⑧ Zorg 100枚/月 容量10GB

ちなみに、私の持っているニコンD5100(1600万画素)は、一番圧縮率の低いもので、サイズが9MBくらいを超えるものがないので、1枚10MBはひとつの目安ですね。

PHOTOHITOとZorgは容量制限がありますね。Flickrと500pxは無料会員であれば制限が厳しい感じがします。Google+は良し悪しですね。会社に信頼もありますので、小さくてもいいので残しておきたいという希望は叶えられますよね。写真部の5MBは厳しいですよね。800万画素くらいですかね?と考えると、この中ではフォト蔵、Latteがスペック的にはいいですよね。


<他のサービスとのコラボ>
① 写真部 → twitter、フェイスブック、Google+
② フォト蔵 → twitter、フェイスブック、Google+、mixi
③ Flickr → メール、twitter、フェイスブック
④ 500px → メール、twitter、フェイスブック
⑤ PHOTOHITO → twitter、フェイスブック、Google+
⑥ Latte → フェイスブック
⑦ Google+ 
⑧ Zorg → twitter、フェイスブック、mixi

Google+については連携がないのは当然といえば当然だけど、それでもネットを見ると、同時投稿のできるような裏技も紹介しているので、方法はありそうです。


<写真への反応>

東京に行った時の写真から4枚を選んでアップし、反応を比較してみました。期間は5日間です。

画像


① 写真部 → アクセス16、ダウンロード0、お気に入り0、コメントなし
② フォト蔵 → 足あと13、お気に入り0、コメントなし
③ Flickr → View1、コメントなし
④ 500px → View14、vite3、favorite3、コメントなし
⑤ PHOTOHITO → 投票0、コメントなし
⑥ Latte → 訪問1、イイネ0、コメントなし
⑦ Google+ → コメントなし
⑧ Zorg → アクセス17、お気に入り0、「きれい」「楽しい」「クール」「ユニーク」「かわいい」「クリエーティブ」すべて0、バルーン0、仲間に紹介0、コメントなし

画像


① 写真部 → アクセス12、ダウンロード0、お気に入り0、コメントなし
② フォト蔵 → 足あと12、お気に入り0、コメントなし
③ Flickr → View7、コメントなし
④ 500px → View9、vite2、favorite2、コメントなし
⑤ PHOTOHITO → 投票0、コメントなし
⑥ Latte → 訪問3、イイネ0、コメントなし
⑦ Google+ → コメントなし
⑧ Zorg → アクセス15、お気に入り0、「きれい」「楽しい」「クール」「ユニーク」「かわいい」「クリエーティブ」すべて0、バルーン0、仲間に紹介0、コメントなし

画像


① 写真部 → アクセス9、ダウンロード0、お気に入り0、コメントなし
② フォト蔵 → 足あと10、お気に入り0、コメントなし
③ Flickr → View1、コメントなし
④ 500px → View8、vite1、favorite1、コメントなし
⑤ PHOTOHITO → 投票0、コメントなし
⑥ Latte → 訪問3、イイネ0、コメントなし
⑦ Google+ → コメントなし
⑧ Zorg → アクセス22、お気に入り0、「きれい」「楽しい」「クール」「ユニーク」「かわいい」「クリエーティブ」すべて0、バルーン0、仲間に紹介0、コメントなし

画像


① 写真部 → アクセス21、ダウンロード0、お気に入り0、コメントなし
② フォト蔵 → 足あと8、お気に入り0、コメントなし
③ Flickr → View1、コメントなし
④ 500px → View1、vite0、favorite0、コメントなし
⑤ PHOTOHITO → 投票0、コメントなし
⑥ Latte → 訪問25、イイネ2、コメントなし
⑦ Google+ → コメントなし
⑧ Zorg → アクセス15、お気に入り0、「きれい」「楽しい」「クール」「ユニーク」「かわいい」「クリエーティブ」すべて0、バルーン0、仲間に紹介0、コメントなし

訪問者の人数をカウントしてもらえるサイトがいいので、この中ではPHOTOHITO、Google+はちょっと残念。

他の人の写真を見てもらえたのは、写真部、フォト蔵、Zorg、500px。前回、フォト蔵はあまり見てもらえなかったので、意外な結果でした。500pxについては、海外の方がよく利用するので「和風」なものの受けがいいのではという話もあり、お寺の写真にアクセスが多いのも納得。
Latteは写真によってはアクセスが多かったのでいいのかもしれません。今回「イイネ」もありましたし。
Flickrはややアクセス少なめ。プロの写真に注目が集まる作りになっているためからだと思います。
PHOTOHITOは価格コムの写真サイトのため、レンズ・カメラで撮った写真を見る目的の人が多いような感じです。最新の注目のカメラやレンズで撮って、評価と絡めて写真を見せればずいぶんと反応が違うのでは、、。
Google+は写真好きのためのサイトではなさそうです。。

<写真のアップロードについて>

写真をまとめてアップできたり、スマホからアップできると使い勝手がいいですよね。そのあたりを検証してみました。

① 写真部 → × 1枚ずつファイルを選択してアップ。一度に5枚まで。スマホ向けアップ用アプリなし(ビューワーあり)。
② フォト蔵 → ○ PCからまとめてアップ可能。ドラッグでアップできる専用ソフト、picasa用のプラグイン、android、iphoneともにアプリあり。
③ Flickr → ◎ ファイルを選択してのアップもドラッグ&ドロップでのアップも可能。flickr uploaderというソフトもiphone・andoroid向けのソフトもあります。
④ 500px → ◎ ファイルを選択してのアップもドラッグ&ドロップでのアップも可能。500px uploaderというソフトもiphone・andoroid向けのソフトもあります。
⑤ PHOTOHITO → × PCから10枚まで同時にファイルを選択し、アップすることが可能。iphone、andoroid向けアプリなし
⑥ Latte → △ PCから100枚までまとめてファイルを選択しアップすることもドラッグしてアップすることも可能。iphone向けアプリ有り。
⑦ Google+ → ◎ ファイルを選択してのアップもドラッグ&ドロップでのアップも可能。picasaとの同期も可能。google+、picasaともandoroid、iphoneのアプリあり。google+はSNS的で、picasaはアルバム管理+写真画像処理ソフト
⑧ Zorg → × PCからファイルをそれぞれ選んでアップ。一度に5枚まで。携帯からはメールにてアップ。

<他の人の写真を見るには>

① 写真部 → トップページからは、「注目の写真」「色検索」「ランキング」「カテゴリ」「タグ」「新着」で見ていくことが可能。地域別で見たり、キーワード検索も可能。
② フォト蔵 → ピックアップ、テーマタグ(そのときのトピックのタグを3つ選んでそのタグ付きの写真を紹介)、ランキング(日、週、月)、話題の写真、写真を見つけるからカメラ別、キーワード検索、著作権保護の写真、最新写真で見ることも可能。
③ Flickr → 最新の写真、著作権者不明の写真、販売目的の写真、地図からの検索、キーワード検索、カメラ検索が可能。英語でもあり、少しわかりにくいかな。
④ 500px → トップページはFlowで比較的最近アップした写真の中で注目を集めている写真がでているようです。Photosからpopular(人気のある)、Editor's choice(編集者のオススメ)、Upcoming(最近キテイル)、Fresh(あたらしい)写真をカテゴリー別に選べます。キーワード検索もできます。Marketから販売目的の写真も選べます。
⑤ PHOTOHITO → レンズ検索、カメラ検索、撮影地、タグ、キーワードの検索、ランキング検索(週間、月間。全期間)。
⑥ Latte → ランキング(月・週・日ごと)、新着写真、写真マップ(これはなかなかおもしろい)、検索ができます。
⑦ Google+ → つながっている友人の投稿のみ見ることになります。
⑧ Zorg → 注目のフォト、みんなのフォト(新着写真)、「きれい」「楽しい」「クール」「ユニーク」「かわいい」「クリエーティブ」などからの検索、マップ検索、モチーフ写真【組写真のようなもの)、ジャーナルプール(複数の写真+解説)、フォト検索、カテゴリー検索、コメント数・評価数・表示数での検索、タグ・フリーワード検索

Google+以外は他人の写真を検索できるようです。Google+だけは写真SNSとは少し異なるのが分かります。Zorgがもっとも検索関係が充実しています。

<コンテスト>
① 写真部 → 独自のコンテスト+外部コンテストを紹介
② フォト蔵 → なし
③ Flickr → なし
④ 500px → なし
⑤ PHOTOHITO → 外部コンテスト紹介
⑥ Latte → 独自のコンテスト実施。
⑦ Google+ → なし。
⑧ Zorg → 外部コンテストの紹介

<写真の傾向>
① 写真部 → ★★~★★★★ 動物、風景写真、小物など正統派写真が多い。
② フォト蔵 → ★~★★★ おもしろ写真や小ネタ的写真が多い。写真を楽しむより、写真で楽しむ感じかな。
③ Flickr → ★★★~★★★★★ 白黒写真、アートな写真も多い。プロフェッショナル。
④ 500px → ★★★★~★★★★★ Flickrよりもさらにプロフェッショナルな感じ。観ているだけで、すごーいとため息が出る。
⑤ PHOTOHITO → ★★~★★★★★ ただのおもしろ写真やレンズテスト的なものからかなり上手な人までいます。
⑥ Latte → ★★~★★★★ 写真部的かな。写真好きあつまれ!
⑦ Google+ → なし。
⑧ Zorg → ★★★~★★★★ ちょっと渋めな写真が多い。みんななかなか上手です。

<その他>
・ Flickrは無料会員だと200枚までしか見れないということが引っかかります。
・ Latteは、たまにサーバーがすごく遅くなります。あまりにも大盤振る舞いなので、将来はサービスに変化が出てくる可能性大だと読んでいます。
・ Zorgは、たまにHPにアクセス出来ないことが有り、気になりました。
・ FlickrはYahooアメリカ版のメアドを取らないといけないのが不便です。
・ PHOTOHITOは価格ドットコムと連動したサービスです。
・ Google+はスマホのアプリとPicasaをダウンロードすると自動的にバックアップしてくれます。

<結論>
・ 日常のバックアップは、Google+で自動バックアップはまずする。そして、フォト蔵、Latteが有力。お金を払えば、500pxかFlickrがベストチョイス。バックアップをこれらだけに頼るのはちょっと危険。あわせてDVDに焼くなどの工夫もしておいたほうがいい。
・ 写真の見せ合いっこならば、写真部、Zorg、500pxがベスト。続いてLatte。そしてフォト蔵あたりかな。
・ カメラ・レンズを買うのが好きであれば、PHOTOHITO+価格ドットコムの合わせ技。
・ 綺麗な写真を観たいのであれば、500px、Flickrはとてもいいです。

個人的には、写真のアップが簡単で容量の制限がないGoogle+、フォト蔵、Latteをバックアップ代わりに使い、気に入った綺麗な写真を公開します。また500pxの有料会員になっておきたいなと思いました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック