気配りのツボ(山崎拓巳さん)から得たこと

山崎拓巳さんは本当に素敵なスピーカーです。笑いあり、感動あり、いろいろな感情を使いながら、魅力的な話をします。彼のテーマは、「人間関係」について、、、これは私にとって大きな課題です。私は、あまり人付き合いがうまくありません。

ということで、彼のスピーチからアイデアをいただきます。

1 「オウム返しをする」

答えを教えないようにして、向こうに導きさせるようにする。

当たり前のこと、普通のことを誉めるようにする。

2 君も正しい

意見が合わない時には下記の4つの方法があるようです。

「 なるほどそれも一理ある。でも俺も一理あると思わない」

あるいは「認めてしまう 」(~かもね)

あるいは、「意見を変える」 アイデンティティーの戦いにしないようにする。

戦わないで、話変える


3 興味津々の目

相手を悦に入らせる。「ほー」「はー」と相槌を打つ。

ヒーラーのように鼻の上を柔らかく見つめる。視線を開く。

そして、目のドラマを演出する= 眼球が笑うように努力


4 お願いごとをする

お礼のキャッチボールで 関係が広がる

5 続きはまた今度

盛り上がっているところで切り上げる

6 話題コレクション

メールアドレスの備考欄に 特徴などをメモする習慣をつける⇒次会った時に、そのことからすぐ話ができるようになる。

7 語尾にクエスチョン

今日会う部分人が必ず必要な情報を持っていると考えるようにする

相手の関心を引きずり出す 深い世界に入っていくようにする。どんどん質問する。



8 たまたま 空いた時間を有効活用

彼は適当に電話したりするらしい ⇒ 偶然から生まれる可能性がある

9 この指とまれ

アイデアマンと企画マン。 面白いことを企画化する 起こしていく

10 自分を大切にする

自分で自分を愛し尽くす⇒ 親を愛し、他人を愛す

リターンを求めない

11 1日1楽しみ

1年1日一時間をデザインする

能動的に仕組む

ドキドキ感を仕組む


いくつか参考になる点がありました。特に、3,4,6,7,10,11は、早速始めてみたいなと思いました。少しでも私が改善されればと思ったりしています。


気くばりのツボ (Sanctuary books)
サンクチュアリ出版
山崎 拓巳

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 気くばりのツボ (Sanctuary books) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 95

    Excerpt: 気配りのツボ(山崎拓巳さん)から得たこと なんとかがんばって成長していこうっと/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-09 12:50